 スマホ・MVNO情報サイト SIMSIM(シムシム)

注目ワード

データの繰越だけなんてもう古い?nuroモバイルがデータ容量前借りや、深夜割プランなどを導入

AD

NTTドコモの回線網を利用したsony系のMVNOサービス「nuro mobile」が新たな仕組みとして、データ容量の前借りが出来るシステムの「データ前借り」の提供を開始した。また、これまでの5分かけ放題は10分へとなり、深夜の時間帯は無制限に通信が出来る深夜割プランなども登場。

データ前借りとは?

プランごとの1ヶ月に使えるデータ通信容量が不足した時に翌月分より前借りが出来る仕組みで、最大2GBまでの前借りが可能となっている、前借りは10MB以上の1MB単位で前借りすることが可能で、大賞プランは1GB刻みの固定プランが対象。

パケットの計算の都合上、月末の1日はパケットの前借りは利用できない。データ前借りには利用料金は発生しない。

深夜割プラン

深夜割プランは午前1時~6時までの5時間の間は容量無制限で高速通信が行うことが可能で、それ以外の時間帯での通信は通信速度が200kbpsとなる。

料金はデータ通信のみで1,500円、SMSの追加は+150円、音声通話の追加は+700円となっている。

nuroモバイルでは1日5時間通信が無制限で行える時間プランがあるがそちらは月額2,500円となっており、時間帯を深夜に絞り価格を抑えたのが深夜割プランとなる。

端末補償オプション

月額500円で利用できるオプションで、スマホの自然故障・破損・水没時に修理または交換を受けれるものである。対象端末はnuroモバイルで購入した端末だけではなく、持込の端末も可能。

nuroモバイルで購入した端末の場合は交換のみの対応となり、1回の交換ごとに月額料金とは別途1回目5,000円、2回目8,000円、実質2回までのようである。

リンク

ニュースリリース
nuro mobile

AD

この記事は良かったですか?

COMMENT