 スマホ・MVNO情報サイト SIMSIM(シムシム)

注目ワード

HUAWEI P10とP10 Plusを発表、前面に指紋認証や第二世代のライカ監修デュアルカメラを搭載

AD

HUAWEIがフラグシップモデルという位置づけにあるPシリーズの最新モデルとなる「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 Plus」を発表しました。

HUAWEI P10 & P10 Plus

HUAWEI P10 はフラグシップモデルとなるスマートフォンで、ディスプレイサイズが5.1インチとなる。

P9で採用したデュアルカメラは健在で、さらに第二世代へのものとパワーアップしている。指紋認証は背面から前面へと移動し、ガラス面と一体化している。搭載されているカメラシステムは、日本でも発売済みでハイコスパのハイエンドモデルのMate 9 に搭載されているものと同じになる。しかし P10 Plus はレンズが強化されており F値1.8の物になっており、さらにフロントカメラもライカ監修となる。

指紋センターは、戻る、ホーム、タスクボタンの機能を備えており短押しで戻る、長押しでホーム、左右にスワイプでタスクと機能が割り振られている、これらの設定は好みの設定に変更することも可能で、またソフトウェアキーを表示することも可能となっている。

このホームボタンが前面にあるとことは使い勝手の向上にかなり役立つと思います、スマートフォンを机においた状態でスリープから復帰させたい時背面に指紋センサーがある場合はいちいち持ち上げなければ行けないとこ、ピっとタッチするだけで済む。また、ソフトウェアキーを表示させないで指紋センサーで操作出来るため画面の狭まりや、全画面表示モードのときにソフトウェアキーが隠れて操作にワンアクション増えて手間であるところも解消される。

Mate 9 とスペックがかなり被るところがあるが、コンセプトしては Mate 9はビジネスユーズ、P10はデザインを重視したモデルとされている。P10 と P10 Plus にはPANTONEとコラボしたブルーとグリーが用意されている。

P10 & P10 Plus 発売時期と販売価格

P10 4GB+64GB 649ユーロ 約77,000円
P10 Plus 4GB+64GB 699ユーロ 約83,000円
P10 Plus 6GB+128GB 799ユーロ 約95,000円

 

日本での販売時期や価格は発表されていませんが、日本での発売は確定しています。

一次国では、3月より発売を開始します。

ヨーロッパでの販売価格を見ると、HUAWEI P9 は日本では実売5万円程度でしたが、約8万円ぐらいに価格が大幅に上がっています。日本での販売価格もコレに似通った物になるでしょうし、大幅に下るというのはなかなか考えづらい所ですが、Mate 9 は世界で見ても日本での販売価格はかなり安い設定になっています。

同等スペックのMate 9との兼ね合いもありもしかすると、Mate 9と同程度の価格になる可能性は0では無いかと思います。

 

P10 と P10 Plus と Mate 9 のスペック比較(住み分けは?)

機種名 HUAWEI P10 HUAWEI P10 Plus HUAWEI Mate 9
OS Android 7.0 Android 7.0 Android 7.0
ディスプレイ 5.1インチ フルHD(1,920×1,080) 5.5インチ 2K(2,560×1,440) 5.9インチ フルHD(1,920×1,080)
チップセット Kirin 960 Kirin 960 Kirin 960
メモリ(RAM) 4GB 4GB/6GB 4GB
ストレージ(ROM) 32GB/64GB 64GB/128GB 64GB
メインカメラ 1,200万画素+2,000万画素(モノクロ) 1,200万画素+2,000万画素(モノクロ) SUMMILUX F値1.8 1,200万画素+2,000万画素(モノクロ)
フロントカメラ 500万画素 500万画素 ライカ監修 500万画素
バッテリー 3,200mAh 3,750mAh 4,000mAh

それぞれのスペックの違いはこの表の用になる、共通部分はかなり多くチップセット、メモリ、カメラが基本的に同じで P10 Plus だけはカメラが少し強化されている。

性能としては横並びでどれを選んでもレスポンスや使用感は同じと思われます、大きな違いとしてはやはりディスプレイサイズになるでしょうか。

P10が5.1インチでP10 Plusが5.5インチ、Mate 9が5.9インチと0.4インチ刻みでサイズが違います。スペックがほぼ同等ということで、好きなサイズ感から選べるというのは選択肢が広がって良いかと思います。

これらの3機種で迷った場合は単純にディスプレイサイズで選んでしまっても良いかと思います。

特にP10は指紋センサーが前面にきて利便性がアップし、さらにサイズ的にもアジア人に合ったサイズ感で使いやすいのではないかと思います。

リンク

HUAWEI P10 製品情報

AD

この記事は良かったですか?

COMMENT