 スマホ・MVNO情報サイト SIMSIM(シムシム)

注目ワード

ZenFone 3 Max が発表、大容量バッテリーを搭載したモデルで最長30日間の待受、20時間の通信が可能

AD

ASUS は日本向けに ZenFone 3 シリーズの大容量バッテリーを搭載したモデル「ZenFone 3 Max」を発表した。販売価格は定価で19,800円、本日から予約販売を開始している。

ZenFone 3 Max のスペック

機種名 ASUS ZenFone 3 MAX
OS Android 6.0
ディスプレイ 5.2インチ HD画質(720×1280)
チップセット MediaTek MT6737
メモリ(RAM) 2GB
ストレージ(ROM) 16GB
メインカメラ 1,300万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリー 4,100mAh
重さ 160g

電池を長時間持たせるために、ディスプレイ解像度はあえてHD画質にしているとおもわれます、5インチ前後であればHD画質で十分な解像度を持っているため実用的といえます。

重さも4,100mAhを搭載している割には160gとなかなか良くまとまっていると思います。

性能についてはメモリが2GBとストレージが16GBというのは必要最低限なレベルです。上記のスペックの他には、指紋認証が搭載されています。

基本的にはライトユーザー向けの製品という位置づけになります。

ZenFone 3 MAX の特徴

ZenFone 3 MAX の最大の特徴としては大容量なバッテリーを搭載している点となります、逆に言うとコレ以外の取り柄はそれほど無いともいえますが。

4,100mAhのバッテリーは連続30日間の待受が可能で、モバイル通信は連続20時間利用することが可能となっています。バッテリーの容量とディスプレイの解像度から、電池の持ちはかなり良さそうで一般的な同価格帯のモデルと比べて実際の利用の際には2倍近いバッテリーのもちになるのではないかと思われます。

ZenFone 3 MAX の発売時期

発売時期は1月上旬からの発売となる。

MVNOでは楽天モバイルがすでに取扱を発表しており販売価格は定価での販売となる。

AD

この記事は良かったですか?

COMMENT