 スマホ・MVNO情報サイト SIMSIM(シムシム)

注目ワード

Huawei Mate 9 を発表 チップセットにKirin960を搭載しベンチはiPhone 7 超え?

AD

Huaweiは最新のフラグシップモデルとなる「Mate 9」を先程発表しました、「Mate 9」にはHuawei傘下の会社が作っている Kirin というチップセットを搭載しており、最新の最上位モデルになるチップセット Kirin 960 を搭載しています。今回のモデルからは Huawei Kirin との表記になるようである。

 

Mate 9 の特徴

Mate 9 は大画面を搭載したモデルで画面サイズは5.9インチとなる。またOSには最新のAndroid 7.0を搭載している。

また、Huaweiの十八番となりつつある デュアルカメラを搭載しておりレンズはカメラの老舗ブランドであるライカとの共同開発によるものである。

 

Mate 9 主要 スペック

  • OS:Android 7.0
  • ディスプレイ:5.9インチ HD画質
  • チップセット:Huawei Kirin 960 (2.4GHz A73 × 4 + 1.8GHz A53 × 4 オクタコア)
  • メモリ:4GB RAM LPDDR4
  • ストレージ:64GB ROM UFS 2.1 / microSD 最大 256GBまで対応
  • メインカメラ(背面):2,000万画素(モノクロ)+1,200万画素(カラー)のデュアルカメラ
  • フロントカメラ:800万画素
  • バッテリー:4,000mAh
  • その他機能等:4K動画撮影、HUAWEI SUPERCHARGE、指紋認証、LTE 4CC CA 対応で最大600Mbpsの通信、

メモリやストレージは高速なものが利用されており、体感速度のアップなどのもスペックから考えられます。そのほかは、バッテリーが4,000mAhとかなり容量の大きなものとなっており、最短20分で50%(2,000mAh)まで充電出来る HUAWEI SUPERCHARGE が搭載されています。

 

Mate 9 のサイズ

  • 高さ(縦):156.9mm
  • 幅(横):78.9mm
  • 厚み:7.9mm
  • 重さ:190g

 

SIMスロットは1つと2つ仕様あり

Mate 9 には、型番 MHA-L29 と MHA-L09 の2つがあり、SIMスロットの違いがあります。

MHA-L09 の方はSIMスロットが1つのモデルで、スロットが2つあるモデルではデュアルスタンバイにも対応している可能性があります。

 

Mate 9 のカメラ

カメラは、モノクロのものが2,000万画素でカラーのものが1,200万画素のデュアルカメラとなっています、Huawei P9 に搭載されているライカレンズのデュアルカメラが第一世代となり、今回搭載されているカメラは第二世代のものとなり、レンズの配置も横並びから縦並びへと変化しています、

 

Mate 9 は iPhone 7 超えのベンチマークを記録?

Mate 9 は 最新のチップセット Huawei Kirin 960 を搭載しており、これまでのものよりも16%の性能が向上されているとのことです。

このMate 9のベンチマークが GeekBench に早くも登場しておりおそらくプレス向けなどの試供品的なサンプル機がさっそく、ベンチマークを行っているのであろうと思われます。

ベンチマークの結果では

0141

0138

0140

シングルコアが最高で1964、マルチコアが最高で6144を現在は記録しています。

iPhone 7 Plus では、シングルコアが最高で3510、マルチコアが最高で5718を記録しています。

シングルコアではiPhone 7 Plus に搭載されているものは 4コアのものとなり1コア辺りの出力が高いです、それに比べてMate 9では8コア搭載しているため、1コア辺りの出力は抑えられている形になります。

総合的な性能は、マルチコアでの性能差が大きく出ます。マルチコアではiPhone 7 Plus は最高で5718という結果で、Mate 9 は6144となっており。その差は Mate 9 の方が iPhone 7 Plsu よりも18%ほどの性能が高いと言えます。

 

ベンチマークで言えば、 Samsung Galaxy Note 7 がマルチコアで最高は6345となっているのですが、 最高値とそれ以下の数値が結構離れているので実際は6,000辺りが一般的なスコアになるかと思います。

またSamsung Galaxy Note 7 はバッテリーの発火事故が相次ぎ、飛行機への持ち込みが禁止されるなど、実質廃版のような存在になるので Android 端末では Mate 9 が最も高性能なスマートフォンという位置づけになるでしょう。

 

 

これまでは iPhone に搭載されているチップセット Aシリーズ と サムスンの Exynos シリーズ、Qualcomm の Snapdragon シリーズ がハイエンドなチップセットとして存在していますが。

Huawei の Kirin シリーズが、その域に達するようになっておりこれからは3強から4強の時代へとシフトしそうです

 

Mate 9 発売時期と価格

Mate 9 は日本での発売が予定されています、グローバルなスマートフォンでは発売時期が国によって違ったりするのですが 日本は一次発売国となり早い段階で販売が開始されるようです。

具体的な発売時期は今のところ不明で価格はユーロ圏での価格が発表されています。

ユーロ圏では 699ユーロでの販売となり、日本円では約8万円の価格となります。

Huawei の価格設定は国ごとによって ASUS のように大きな差を出すことはあまりないため、日本での販売価格も8万円前後になるのではないかと思われます。

 

 

Mate 9 Porsche Design 限定モデル

Mate 9 には限定モデルが存在し、限定モデルではメモリが6GBのストレージが256GBというメモリもストレージも最高スペックなものとなっています。

デザインはあの高級車のポルシェデザインとの提携しラグジュアリーなデザインとうことららしいです、ディスプレイサイズは5.5インチと通常のMate 9よりも一回り小さくなっています。

価格の方はかなり高額で 1395ユーロで日本円で16万円近いです。発売は2017年の1月あたりを予定しているようです。

 

リンク

Mate 9 製品紹介ページ (en)

Geekbenchi – Mate 9 (MHA-L29)

AD

この記事は良かったですか?

COMMENT