 スマホ・MVNO情報サイト SIMSIM(シムシム)

注目ワード

Lenovo 空間を認識する立体認識「Tango」対応のSIMフリースマホ PHAB2 Pro を11月下旬に発売

AD

レノボはGoogleと共同開発した端末で、3つのカメラを用いて空間認識をすることが出来る技術が搭載されたモデルである。立体認識技術となる「Tango」を初めて搭載したモデルともなる。

立体認識「Tango」で何がどうなる?

新しい技術が搭載された「PHAB2 Pro」では何が出来るのか。簡単に言うと、GPSが効かない地下などの場所でもカメラに映る情報から現在地を照らし合わせて正確な位置を捉える機能や、カメラに映る建物の風景などを立体的に捉えて認識し、適切に合成などが出来る様になる。

空間を3Dで認識し、それに合わせたARなどが使えるようになる。

 

PHAB2 Proのスペック

  • OS:Android 6.0
  • ディスプレイ:6.4インチ 2560×1440 IPS
  • チップセット:Qualcomm Snapdragon 652
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:内蔵64GB / microSD
  • カメラ:1,600万画素+800万画素 / 800万画素
  • バッテリー:4,050mAh
  • 重さ:259g

大きさがある分、重さは259gと一般的なスマホと比べるとかなり重たい。スペック的にはミドルスペックで価格は49,800円となる。

新しい技術が搭載されていることが、画面の解像度等を含めると妥当な価格設定になっているのではないかと思います。

Tangoという新しい技術がこれからどのように使われていくか、波及していくかが気になるところで。初となる端末であるため、ソフト面ではまだまだこれからといったところで PHAB2 Pro を持っていてもまだ、Tangoの技術による恩恵をうけるのは まだまだ先になりそうでは有る。

AD

この記事は良かったですか?

COMMENT