 スマホ・MVNO情報サイト SIMSIM(シムシム)

注目ワード

ZTE 4G+3Gの同時待ち受けが可能な Blade V7 MAX を9月22日発売

AD

スマートフォンメーカーのZTEが、DSDS対応のSIMロックフリースマートフォン「Blade V7 MAX」を発表した。価格は、34,800円で発売日は9月22日となる(既に予約受付は開始されている)。

DSDSとは、デュアルSIM デュアルスタンバイの略で。1台のスマホに2枚のSIMを差し、電話を同時に待ち受けできるというものです。DSDS自体は最近のものではなく以前からある機能で2G+3Gや2G+4Gの組み合わせであった。日本では2G通信は行っていないため、DSDSの利用が出来なかった訳です。

しかし、最近のチップセットでは3G+4Gの組み合わせが可能となっており日本の通信でもDSDSが利用できる状況が出来てきた。日本初となるDSDSはモトローラ(レノボ)の Moto G4 Plus の1台のみとなっている。

今回発表された ZTE Blade V7 MAX は価格帯的にも完全にこの機種と競合するものとなる。

 

ZTE Blade V7 MAX スペック

  • OS:Android 6.0
  • ディスプレイ:MediaTek MT6755M Helio P10、オクタコア 1.8GHz
  • ディスプレイ:5.5インチ FullHD画質
  • メモリ:3GB
  • ストレージ:32GB
  • アウトカメラ:1,600万画素
  • インカメラ:800万画素
  • バッテリー:3,000mAh

基本的なスペックはこの様になる、チップセットはMediaTek製で Helio P10 のチップセットを搭載する。他に、指紋認証が画面側面に配置と多くの指紋認証を搭載するスマホとは違った位置が特徴敵となる。端子には急速に移り変わっている USB Type-Cを搭載、ジャイロスコープも搭載しておりポケモンGOのARにも対応する。

また、Moto G4 Plus と比較するときに忘れてはならないのが MicroSDスロットである、Moto G4 Plus では独立しており、Blade V7 MAX ではSIMスロット一つと共有となっているため MicroSDを利用するとSIMは1枚しか刺せなくなる、そうなるとせっかくのDSDSも活かせないということになる、また逆もしかりで32GBの容量でMicroSDが使えないのは心もとない。

 

予約が可能なショップ

  • イートレンド
  • NTT-X
  • CaravanYU
  • コジマ
  • 上新電機
  • ソフマップ
  • ZOA
  • ひかりTVショッピング
  • ビックカメラ
  • ムラウチドットコム
  • ヨドバシカメラ

 

リンク

ZTE Blade V7 MAX

AD

この記事は良かったですか?

COMMENT