 スマホ・MVNO情報サイト SIMSIM(シムシム)

注目ワード

IIJmioが料金を据え置きで通信容量を増量。4月1日から既存ユーザーにも適応され 2GBが3GB、4GBが5GB、7GBが10GBとなる

AD

docomoの回線を使ったMVNOのIIJmioが2015年4月1日(水曜日)からデーター通信の容量をアップする事を発表した。新規の契約はもちろんのこと、既存のユーザーも自動的に通信容量がアップされる。ミニマムスタートプランは2GBから、3GBへとなり 1GB増量される。ライトスタートプランでは、4GBから5GBとなりこちらもミニマムスタートプランと同じく1GBの増量となる。ファミリーシェアプランでは7GBから10GBとなり3GBもの増量となる。

それぞれのプランの価格は以下の表のようになっています

プラン名 旧容量 新容量 価格(税抜き) 1GB当たりの料金(旧) 1GB当たりの料金(新)
ミニマムスタート 2GB 3GB 900円 450円 300円
ライトスタート 4GB 5GB 1520円 380円 304円
ファミリーシェア 7GB 10GB 2560円 365.7円 256円

1GB当たりの料金で見ると、旧料金ではミニマムスタートとライトスタートでの差が大きかったのが、ほとんど無くなり、4円差となりました。元容量的にいえばライトスタートプランでは2GBの容量UPが望ましかったかなと思います、なのでライトスタートプランでは恩恵は他のプランに比べて少ない。ファミリーシェアプランでは1GBあたりがおよそ100円もさがっており。ライトスタートプランを2つ契約しているのでしたら、ファミリーシェアプランに変えたほうがお得になる。新プランではちょうどライトスタートの2倍の容量となる。

 

今回の通信容量のアップでもっとも恩恵を受けるのはミニマムスタートプランで、容量が1.5倍になっています。

プランはそのままで、通信容量が増加される流れが続いています。今後もプランはそのままで通信容量が増加していくと思われます。またIIJmioが一足先に同じ価格帯のプランで容量の増加をしたので他のMVNOも追随して容量アップをしてくるのではないかと思います。

AD

この記事は良かったですか?

COMMENT