 スマホ・MVNO情報サイト SIMSIM(シムシム)

注目ワード

HUAWEI Mate 10 Pro / Lite が日本で発表 初の人工知能を搭載したチップセットを搭載

AD

HUAWEIが日本国内で「Mate 10 Pro」と「Mate 10 Lite」を日本で発売することを発表した、発売日は「Mate 10 Pro」が12月1日、「Mate 10 Lite」は12月8日よりの発売となる。

Mate 10 Pro には初となる人工知能を搭載したチップセット「Kirin 970」を搭載するモデルで注目を集めている、Mate 10 lite は Pro の廉価版となるがこちらも狭額ディスプレイを搭載する。

Mate 10 Pro

Mate 10 Pro の特徴は何と言っても初となる人工知能を搭載したチップセット「Kirin 970」を搭載する、CPU等の性能も現状での最高峰に位置する性能を持っている。

その他には、引き続きライカ監修のデュアルカメラが搭載されておりなんとF値1.6のとても明るいレンズを搭載している、さらに人工知能の効果によって最適な露光などで撮影できるとしている。

またディスプレイは狭額ディスプレイとなっており、今後のトレンドとなる18:9ディスプレイとなっている。

そして日本の十八番の防水防塵を Mate 10 Pro もIP67規格で持つ。防水防塵昨日については日本ユーザーの声に答えたものとのことである。

価格は 89,800円 と今までのMateシリーズよりも2万円ほど価格も上がっています、またMVNO等ではSIMとのセット販売で2万円ぐらいの値引きが行われているところがあります。

Mate 10 Pro – 製品情報

Mate 10 lite

Mate 10 シリーズでの廉価版に位置するモデルとなり価格は42,800円となる。ディスプレイサイズは廉価版とは言えどMateシリーズだけあって5.9インチの大型ディスプレイを搭載する。

ディスプレイは18:9の狭額ディスプレイで今後のトレンドとなるものを搭載している、チップセットはKirin 659でミドルレンジ層のモデルになる。

大画面のミドルレンジの選択肢が少ないため新たな選択肢として注目はされそうであります。

カメラはフロントとリアともにデュアルカメラでありますが、ライカの文字はありませんのでライカ監修のものではないようです。

発売日は12月8日でMate 10 Proより少し遅れての発売になります、予約の方は取扱店で既に開始されています。

Mate 10 Lite – 製品情報

AD

この記事は良かったですか?

COMMENT