 スマホ・MVNO情報サイト SIMSIM(シムシム)

注目ワード

マウスコンピュータが開発中のスマートフォンのスペック等の情報が発表、MADOSMA という名称で展開していくことに

AD

BTO PC やスティック型のPCを手がけるマウスコンピュータは以前から、Windows OS を搭載したスマートフォンの開発を発表していましたが、今回そのスマートフォンの第一弾となるスマートフォンのスペックの詳細が公表された。マウスコンピュータが開発するスマートフォンは、MADOSMAというブランド名で展開されていくとのことで Windows = 窓 なので MADO+SMARTPHONE から名前がきていると思われます。今年出るであろうWindows 10へのアップグレードについては現在未定とのこと

主なスペックは

  • OS:Windows Phone 8.1 Update
  • CPU:Snapdragon 410 1.2Ghz クアッドコア (MSM8916)
  • ディスプレイ:5インチ 1280×720(HD)
  • メモリ:1GB
  • ストレージ:8GB
  • バッテリー:2300mAh
  • メインカメラ:800万画素
  • インカメラ:200万画素

 

 

Ascend G620S と MADOSMA

今回発表された MADOSMA のスペックは。現在発売中のHUAWEIのAscend G620Sと非常に近いスペックとなっています。スペックだけで見るとバッテリーの容量と対応バンドの違いぐらいになります。

同等のスペックのAscend G620Sの販売価格は税込みで23,544円ですので、マウスコンピュータのMADOSMAも同程度の価格で出てくるのでは無いかと予想できます。

AD

この記事は良かったですか?

COMMENT